otorihikisakimuke

市場のしくみ

■商品の流れ

商品の流れ

■熊本地方卸売市場の機能

開設者
県知事の許可を受け卸売市場を開設して施設の維持管理、業務規程に基づく承認等の事務のほか取引が公平・公正に行われるよう、指導・監督を行います。
卸売業者
県知事の許可を受けた業者が生産者、出荷者から委託された青果物、水産物を卸売市場で公開のセリ売等によって仲卸業者、売買参加者に販売し、委託業者から一定の手数料を受けます。又自ら買付けた青果物、水産物を販売することもあります。
仲卸業者
開設者の承認を受け、市場内に店舗をもち、卸売業者から「セリ」等で買い受けた大量の商品を適宜に選別、分類し、あるいは貯蔵加工して、売買参加者その他の買出人に相対売、定価売で販売します。
売買参加者
買受人として、開設者の承認を受けた小売業者、大口需要者、加工業者等で卸売業者から「セリ売」等で商品を買受けます。
買出人
仲卸業者から商品を購入し、一般消費者に販売する小売業者(売買参加者を除く)及び大口消費者等をいいます。
付属営業人
市場関係の業者の利便をはかることを目的とし、市場業務に付属する金融、保管業務、食堂、冷蔵庫、製氷販売、その他必需品販売業者。
関係機関
郵便局、熊本県信用組合、肥後銀行、南日本銀行、第一信用金庫、熊本銀行の各支店、こずえ保育園
会社概要
卸売業者
市場のしくみ
市場風景
組合・市場会館
リンク
▲