otorihikisakimuke

お取引先向け

「熊本地方卸売市場」

青果6割、水産9割のシェアを誇る、県内きっての市場です。
青果市場と魚市場が一緒にならび、仲買人のお店などが同じ敷地内に存在するこれほど大きな民営市場は、全国的にもそう多くはありません。

「田崎市場」の愛称で親しまれるこの場所がうまれたのは、昭和30年代後半のこと。
かつて、鉄道流通が主だった時代。熊本市新町にあった旧魚市場と、熊本駅のそばにあった青果市場が昭和38年~39年にかけてこの地に集まり、「熊本地方卸売市場」が誕生しました。

国内最大規模の民営市場として全国的にも注目された「熊本地方卸売市場」。
今では県内約20カ所の卸売市場があるなかで、青果部門で県全体の約6割、水産部門では約9割のシェアを占めるほどになりました。

4つの卸売業者とともに歩む私たち。市場のなかに熊本市市場食品衛生監視所を設置するなどし、年間を通じて、安全・安心な市場運営に努めています。

会社概要
卸売業者
市場のしくみ
市場風景
組合・市場会館
リンク
▲